2014年08月27日

住宅購入ローンの種類

住宅購入時には、住宅ローンについても考えなければなりません。
新たに住宅ローンを組む場合には、どんな種類の住宅ローンがあるか知っておくことが必要です。

納得のいく住宅ローン選びをするためにも、住宅ローンにはどんな金融商品があり、審査ではどこを見るかを確認します。

住宅購入のためのローンでもっともポピュラーなのが銀行ローンです。
住宅を購入するための資金融資を、住宅ローンという形で民間の銀行が行っています。

金利は銀行によって違い、各金融機関にって設定している金利が何%かは違っています。手数料や、担保条件といったものも、金融機関ごとに違いますので気をつけましょう。

35年間の金利固定して融資を行うというフラット35住宅ローンは、多くの人に人気があります。私も利用しました。

民間金融機関が貸し出した住宅ローンを住宅金融支援機構が買い取り、それを担保とする債権を発行するという仕組みです。
モーゲージバンクという住宅ローンを専門に取り扱っている会社も、銀行の住宅ローンと同様、フラット35が使えます。
フラット35の内容はどこの金融機関でもすべて同じですが、金利は取扱い金融機関によって異なりますし、事務手数料もさまざまです。

フラット35から融資を受けるか、銀行の住宅ローンを利用するかは、住宅購入時にはしっかり考えて答えを出すべき問題です。
住宅ローンは、住宅購入を決心した時点から取り組んでおきたいテーマですね。
posted by カード at 18:04| Comment(0) | リフォームローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: