2013年08月05日

リフォームローンの金利

リフォームローンはローン、つまり借金です。したがって金利がかかり、ローン元本のほかに返済する必要があります。

リフォームローンの金利はさまざまに設定されています。融資を受ける会社によっても変わりますし、固定型か変動型かによっても変わります。

銀行系の金融会社は一般の金融会社よりも低い金利をつけているのは、通常の住宅ローンなどと同じです。
近頃は不景気で貸し出し需要も減っていますので、一般の金融会社でも金利を低く設定し、リフォームローンの利用者の裾野を広げようとしているようです。

リフォームローンを組む際には、一社だけを見ていてはいけません。金利などを比較していくつかの候補をたてるべきです。さらに、固定金利であるか変動金利であるかも大事な点です。
固定金利型であれば、最初に設定した金利が最後まで変わらないわけですので、返済総額を計算することができます。このため、返済の計画がしやすい点で優れています。

変動型ローンの場合、リフォームローンで支払う金利は返済中であっても変化します。
金利が上がった婆合い、返済総額は増えてしまいます。一方で金利が下がった場合、返済総額は減ることになります。

変動金利型にした上で金利が下がった場合、最終の返済額は当初より少なくなる可能性があります。しかしそうならない可能性もあり、返済計画が立てにくいのです。
金利をどうするかはリフォームローンを組むときの肝になりますので、よく調べてから選びましょう。
posted by カード at 17:07| Comment(0) | リフォームローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: