2013年06月12日

リフォームローンの利点について

リフォームローンはどのような点が有利なのでしょうか。
金融会社によって多少異なる部分はありますが、リフォームローンによる融資金額はだいたい500万円前後までです。

今すでに住んでいる自宅をリフォームするためローンを組もうとする場合、その自宅に担保を設定するだけですみます。
ほとんどの場合、住宅ローンを借り入れる際には、担保を設定するほかに保証人が必要となります。保証人を探すのはかなり大変な思いをするのが普通なので、その点から見ても、保証人をつける必要がないリフォームローンの借りやすさは際立っていると言えるでしょう。

その他の利点として、リフォームローンは融資が可能かどうかの審査にかかる時間が短いというものがあります。借り入れる金額が大きくないため、通常の住宅ローンでは長い時間をかけて審査がなされます。
返事が来るまで長い間かかったあげく、審査が通らずローンを利用できないようなこともあるといいます。

一方でリフォームローンは審査が短く、申し込みやすい理由となっています。リフォームローンの貸付額は少額であるほか、すでに家という資産を持っている人がお金を借りるわけですから信用があるわけです。

住宅を新規に建てる場合とは違い、リフォームローンが必要となるような場面ではリフォームするための家がすでにあります。このため、ローンを借りて資金的な目処さえ付けば、すぐに工事をしてもらえるという点もよい点です。住宅ローンは借りる前も借りた後もたいへんですが、リフォームローンは小回りがきき、利用しやすくなっています。
posted by カード at 17:53| Comment(0) | リフォームローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: