2017年04月22日

住宅ローンを金利で選ぶ

家を買う時はローンがなくてはならないものですが、金利タイプの違いが後々の返済プランを大きく左右します。

どんな金利のタイプの住宅ローンを選ぶかで、その後の支払いはずいぶん変わってきます。
まず金利タイプに着目することが、住宅ローンの選択には重要になるでしょう。

住宅ローンの融資を行っている金融機関はいくつかあり、銀行や金融公庫が代表的です。しかし、いずれの住宅ローンでも変動金利制や固定金利制があり、どれにすればいいか判断がつかなかったりします。

銀行に対するブランドイメージで、住宅ローンの借り入れ先を漠然と決める人もいます。
まず金利のタイプを決定することが、住宅ローンの決定には大事になります。資金余裕度やライフプラン、自分の性格なども考慮して自分に合った金利プランを選択しましょう。

金利の型さえ決定すれば、あとはより低金利で条件のいい住宅ローンを選択するだけです。
金利を確認する時には知っておきたいことがあります。変動金利選択型や、変動金利型で住宅ローンを利用する場合、固定金利だけで融資を受ける場合よりも完済までに必要な金額には幅が出ます。
その時々の金利に応じて、住宅ローン金利は影響が出るようになるためです。金利が変わっていく見通しはどのようになっているかなども、住宅ローン選びでは大事になります。
posted by カード at 15:35| Comment(0) | リフォームローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

ローンの借り換えとは

ローンを返済しやすくするために、借り換えという手段を使う人がいます。
ローンの借り換えとは、一旦は高金利で借りていたローンを、他の金融会社から、より低金利で借り直すというものです。

よりよい条件で融資を受け直すことで、返済をしやすくするというメリットがあります。
借り換えという表現を使うのは、返済先が現在の借り入れ先から別の借り入れ先になることから言われています。
金利は、1%の差でも何十万円という違いになることがあります。
低金利で返済ができるのであれば、それに越したことはありません。

住居や土地を購入する時のローンは数千万円にものぼりますので、大きな金額が動きます。ちょっとした金利の違いも、返済金額の差になります。
ローンの借り換えによってトータルの返済総額が下がれば、月々のローンの返済額もそれに伴って軽くなることでしょう。

そうでなくても給料が厳しい昨今では、ちょっとした工夫でローンの返済が楽になるのであれば、しない理由はありません。
担保に入れた不動産の評価額が上がっているか、下がっているかは、借り換え時にとても大事なことです。
場合によっては借り換えた方が損になります。ローンの借り換えにおいては、手数料や登記費用もかかりますので、チェックしておきましょう。
ローンの借り換えを考える時は、金利や担保評価額だけでなく、手数料などの経費のことも考えてください。
posted by カード at 17:00| Comment(0) | リフォームローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

住宅購入ローンの種類

住宅購入時には、住宅ローンについても考えなければなりません。
新たに住宅ローンを組む場合には、どんな種類の住宅ローンがあるか知っておくことが必要です。

納得のいく住宅ローン選びをするためにも、住宅ローンにはどんな金融商品があり、審査ではどこを見るかを確認します。

住宅購入のためのローンでもっともポピュラーなのが銀行ローンです。
住宅を購入するための資金融資を、住宅ローンという形で民間の銀行が行っています。

金利は銀行によって違い、各金融機関にって設定している金利が何%かは違っています。手数料や、担保条件といったものも、金融機関ごとに違いますので気をつけましょう。

35年間の金利固定して融資を行うというフラット35住宅ローンは、多くの人に人気があります。私も利用しました。

民間金融機関が貸し出した住宅ローンを住宅金融支援機構が買い取り、それを担保とする債権を発行するという仕組みです。
モーゲージバンクという住宅ローンを専門に取り扱っている会社も、銀行の住宅ローンと同様、フラット35が使えます。
フラット35の内容はどこの金融機関でもすべて同じですが、金利は取扱い金融機関によって異なりますし、事務手数料もさまざまです。

フラット35から融資を受けるか、銀行の住宅ローンを利用するかは、住宅購入時にはしっかり考えて答えを出すべき問題です。
住宅ローンは、住宅購入を決心した時点から取り組んでおきたいテーマですね。
posted by カード at 18:04| Comment(0) | リフォームローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

住宅ローンを計算する場合の注意点

金利や借り借入金額に基づいて色々計算してから、住宅ローンは利用することが大事です。
毎月の支払額がどの程度なのか、今の年収で支払うことができるのか判断しなければ、住宅ローンを組むことはできません。

住宅ローンは、家だけでなく分譲マンションを買う時にも使えますが、事前に知っておきたいことがあります。
マンションや家を買う時は、業者のほうが住宅ローンの計算書をつくってくれることが多いですが、多くの場合、金利がより低い変動金利でシミュレーションをしてくるといいます。
その方が低金利で計算でき、負担が少なく見えるためです。
ハウスメーカーの試算書を見て、このくらいなら無理なく返済できるだろうと考えてしまいがちです。

どうして負担が少なく見えるかといえば、金利を一定にして計算するためです。
将来的に金利が上がったときに、住宅ローン金利も一緒に上がるというリスクを含んでいるのが、変動金利の特徴です。反対に固定金利はそのリスクを金融会社が背負っているので金利は高めになります。

経済学のプロでも、今後10年刻みで金利の予測をするのはまず無理です。
未来の金利予測ができない中で、変動金利に基づいた計算をすることが、変動金利の難しいところです。

これから家を買おうという人は、客観的に考えることが難しいといいます。
住宅ローンを決める時には、メーカー側がつくった計算書だけで貸付条件を決めないようにしましょう。

posted by カード at 18:06| Comment(0) | リフォームローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

住宅ローンの計算

住宅ローンを利用して、借入金で土地と家を買ったという人は少なくありません。

住宅ローンを組んだ場合、支払金額の計算方法とはどんなものなのでしょう。
住宅ローンはさまざまな銀行で取り扱っており、金利のさまざまです。
幾らくらいの家を借り、どのくらいの住宅ローン融資を受けるか、返済や金利の計算ができなければ見当がつきません。

住宅ローンを組む時には、今後起きる出来事や大きな買い物なども合わせて考えることです。
金利の計算や、返済金の計算は、そのための計算式があります。しかし、自力で計算するのは非常に大変なので、ネットのシミュレーションサイトが役立ちます。最終的に幾らの返済になるか、毎月どのくらいの負担になるかを、必要な数字を入力して計算してもらいます。

サイトによっては、収入や、月々の支出を入力することで、返済可能なプランを計算してくれるところもあります。
ローンの繰り上げ返済をもし途中でしたくなったらどうなるかという計算をすることも可能です。
住宅ローンは、固定金利で借りる場合、変動金利で借りる場合など様々なケースがあり、ローンを組む時は一つ一つ決めることになります。実際に計算してみなければ、金利の差がどう関係してくるかイメージしづらいものです。

住居の購入時には、土地と家にかかる必要の他にも、様々な費用が生じることがあります。シミュレーションサイトを使えば、それらの計算も合わせて可能なところもあります。
具体的にどのくらいの住宅ローン融資を受けたいか、試算できるサイトで計算をすることで、見えてくるものがあります。
posted by カード at 16:08| Comment(0) | リフォームローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

リフォームローンの金利

リフォームローンはローン、つまり借金です。したがって金利がかかり、ローン元本のほかに返済する必要があります。

リフォームローンの金利はさまざまに設定されています。融資を受ける会社によっても変わりますし、固定型か変動型かによっても変わります。

銀行系の金融会社は一般の金融会社よりも低い金利をつけているのは、通常の住宅ローンなどと同じです。
近頃は不景気で貸し出し需要も減っていますので、一般の金融会社でも金利を低く設定し、リフォームローンの利用者の裾野を広げようとしているようです。

リフォームローンを組む際には、一社だけを見ていてはいけません。金利などを比較していくつかの候補をたてるべきです。さらに、固定金利であるか変動金利であるかも大事な点です。
固定金利型であれば、最初に設定した金利が最後まで変わらないわけですので、返済総額を計算することができます。このため、返済の計画がしやすい点で優れています。

変動型ローンの場合、リフォームローンで支払う金利は返済中であっても変化します。
金利が上がった婆合い、返済総額は増えてしまいます。一方で金利が下がった場合、返済総額は減ることになります。

変動金利型にした上で金利が下がった場合、最終の返済額は当初より少なくなる可能性があります。しかしそうならない可能性もあり、返済計画が立てにくいのです。
金利をどうするかはリフォームローンを組むときの肝になりますので、よく調べてから選びましょう。
posted by カード at 17:07| Comment(0) | リフォームローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

リフォームローンの利点について

リフォームローンはどのような点が有利なのでしょうか。
金融会社によって多少異なる部分はありますが、リフォームローンによる融資金額はだいたい500万円前後までです。

今すでに住んでいる自宅をリフォームするためローンを組もうとする場合、その自宅に担保を設定するだけですみます。
ほとんどの場合、住宅ローンを借り入れる際には、担保を設定するほかに保証人が必要となります。保証人を探すのはかなり大変な思いをするのが普通なので、その点から見ても、保証人をつける必要がないリフォームローンの借りやすさは際立っていると言えるでしょう。

その他の利点として、リフォームローンは融資が可能かどうかの審査にかかる時間が短いというものがあります。借り入れる金額が大きくないため、通常の住宅ローンでは長い時間をかけて審査がなされます。
返事が来るまで長い間かかったあげく、審査が通らずローンを利用できないようなこともあるといいます。

一方でリフォームローンは審査が短く、申し込みやすい理由となっています。リフォームローンの貸付額は少額であるほか、すでに家という資産を持っている人がお金を借りるわけですから信用があるわけです。

住宅を新規に建てる場合とは違い、リフォームローンが必要となるような場面ではリフォームするための家がすでにあります。このため、ローンを借りて資金的な目処さえ付けば、すぐに工事をしてもらえるという点もよい点です。住宅ローンは借りる前も借りた後もたいへんですが、リフォームローンは小回りがきき、利用しやすくなっています。
posted by カード at 17:53| Comment(0) | リフォームローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リフォームローンとは

リフォームローンは、住宅のさまざまな部分の増改築やリフォームを行なうような場合に利用するローンです。
リフォームをする時の費用はまとまったものとなりがちで、全額を一括で支払うのは大変です。

このローンは、抗したときに利用します。住宅も古びていきますので、修理メンテナンス、リフォームなどはだいたい10年に1回程度行なわなければならないとされます。屋根のふき替えや外壁の塗り替えといった外回りから、畳の張り替えや水回りの改修といった内部まで、リフォームといってもさまざまなものがあります。

リフォーム箇所がさまざまならかかる金額にも幅があり、中には100万円を超えるような高額工事が必要となる場合もあります。リフォームであっても高額な費用が発生するような場合であれば、ローンを使いたいという需要が出てきます。

新築した当初から生活スタイルが変わり、住宅が老朽化していなくともリフォームをしたいというようなことも考えられます。子供が生まれて家族の数が増えたり、年齢構成が変わって従来の間取りが使いにくくなったりするなどといったことが考えられます。また住宅に住んでいる人が齢を重ねるに従って、住宅の内部をバリアフリー化したいというようなニーズも発生するでしょう。

工事内容にもよりますが、キッチンを交換したり部屋の間取りを変えたりすれば、数百万円の工事になることもあります。家を建てる時ほどの費用は発生しないため、リフォームローンによる融資額は住宅ローンよりは安いのが普通です。大きな支払いとなるため分割で工事代金を支払いたいような場合、リフォームローンが便利です。
posted by カード at 17:49| Comment(0) | リフォームローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする